ドクターで選ぶ美容外科 プチ整形

ドクター

美容外科はクリニックという大きなことだけではなく、施術を担当するドクターで選ぶことも大事です。外科的な手術はもちろんのこと、様々な美容の治療をする担当者が、経験豊富で信用に値する必要があるからです。医大を卒業して試験をパスすれば、国家医療資格のライセンスは取得ができますが、そこから何を専門にするかはそれぞれに違いがあります。

美容医療を長く専門としてきた人であれば、肌のことを任せるにしても、長い実績と経験が信頼に値します。でもライセンスさえ持っていれば、何を専門にしていても美容医療の治療をしても、問題はないということでもあります。実際には経験不足では、良い結果は導き出すことはできないですし、それが見た目の美しさに関わることであるなら、尚のこと受けるほうは、ドクターの腕と実績と知識など、信用を重視することになります。

現代の美容外科での美容治療は、すぐに切開をするような、昔のようなハードな美容整形手術ばかりではないです。その日にすぐにできる、気軽なプチ整形を受けることができますし、そのほうが今では一般的です。大きく美容整形手術をするよりも、費用面でも安くなりますし、治療も穏やかですから、ダウンタイムもほとんどない治療で綺麗になります。


ポピュラーな豊胸手術・リフトアップ・ボトックス

日本でも徐々に普及し始めている美容外科による、プチ整形。日本では、大きな目を印象付けるために、二重まぶたを作る施術がポピュラーになっています。メスを利用しない代表的なプチ整形である埋没法は、糸でまぶたを留め、二重を作り出すものです。大きくぱっちりとした瞳は、顔立ちを可愛らしく見せる効果があります。他には、鼻の整形、リフトアップなどの若返りも人気です。

アメリカ

一方、アメリカでは、スッと通った美しい鼻を作るための鼻の美容外科が、ポピュラーとなっています。こちらの国では、日本の低価格競争などはまだ激化しておらず、プチ整形であっても、非常に高い料金がかかってしまいます。それでも美しくなりたいという欲望は世界共通。アメリカは世界1位の整形大国なのです。ちなみに、日本は3位で、意外にも高順位なのです。整形大国として知られる韓国は、日本の次である4位となっています。

アメリカで人気の施術は、鼻です。鼻をプチ整形したいと考える女性は増加傾向にあるようです。その内容は、高い鼻を矯正したい、鷲鼻を直したいというものが多いようです。また、豊胸手術や、リフトアップなどの若返り、ボトックス手術なども、ポピュラーのようです。

美容