美容外科のプチ整形で脂肪取り

脂肪取り

美容外科クリニックでは、より理想の体型に近づける医療痩身も行われています。色々な医療痩身が行われていますが、美容外科クリニックではプチ整形でも脂肪取りが出来る事をご存じでしょうか。脂肪溶解注射という施術は、メスを使わず部分痩せが出来る医療痩身です。脂肪を分解する作用を持つ注入剤を、脂肪が気になる箇所に注入するだけの、簡単な施術法となっています。

注入剤の多くは大豆から作られているもので、体に大きな負担をかけません。注入剤が脂肪を分解して、老廃物として体の外へと排出される事で部分痩せを発揮します。施術後、筋肉痛のような痛みが出るケースもありますが、数日から1週間程で徐々に痛みは引いていくので安心しましょう。痛みが引いた後はマッサージを行う事で、より脂肪を老廃物として排出する作用がスムーズに行われます。

より痩身効果を高めたい場合は、医師の指示に従ってマッサージしてみてはいかがでしょう。脂肪溶解注射は体にメスを入れないので、身体的にはもちろん精神的にも負担が軽いという点がメリットです。二の腕など施術範囲が狭い箇所に、脂肪溶解注射は向いていると言われています。二の腕は運動でも脂肪を落とすのが難しいので、脂肪溶解注射での痩身はおすすめです。