美容外科のプチ整形 ほうれい線

美容外科のプチ整形は、メスを使用する整形と比較すると肌にかかる負担が少なく、さらに費用もリーズナブルというメリットがあります。そのため、10代20代の美容にこだわる女性が、手軽にチャレンジできるのが特徴になります。

目元の小じわや、頬にできるほうれい線は、実年齢よりも老けた印象を与えてしまう、厄介な肌トラブルです。これを美容外科のプチ整形で改善させるためには、ヒアルロン酸注入とボトックス注入の2つのケア方法が考えられます。ですが、ほうれい線の種類によって、効果のあるプチ整形は変わってくるので、慎重に選ぶようにしましょう。

ボトックス注入は、元々は顔面神経痙攣や筋緊張生萎縮などの治療に使用されていました。ですが、それがしわを取り除く効果があることが分かり、美容ケアにも使われるようになったという特徴があります。そのため、ボトックス注入は筋肉の動きに関連したしわ改善に効果のある施術になります。10代20代などの、ほうれい線ケアはボトックス注入がおすすめです。

ほうれい線

それに対して、ヒアルロン酸注入は加齢によるしわ取り効果が高い施術です。何故なら、肌の中にあるヒアルロン酸は、40歳を過ぎると急激に減少していくからです。