たるみを美容外科でプチ整形

たるみ

たるみは老けて見えたり太っているかのように見えることがあり、特に顔や首などに生じていると実年齢よりも高くみられることが増えてしまいます。こうした悩みの解消に役立っているのが、美容外科で行われているプチ整形です。手術するよりも体に負担が少なく、短時間で施術が終わりますし、傷跡も目立たず入院する必要がないことがとても大きなメリットとなります。

注射で注入することでたるみをとる術式で、多く使われているのがヒアルロン酸です。肌のハリや潤いを保たせるためには欠かせない成分で、アンチエイジングにも役立たせることが可能です。以前のヒアルロン酸はそれほど長持ちしなかったものの、弾力と粘性に違いがあるヒアルロン酸が使われるようになってからは長持ちする傾向があります。

美容外科ではヒアルロン酸単体で注入する施術も行っていますが、水光注射のようにたるみ取り以外の効果も期待してほかの成分がプラスされた注射も行われています。

少し高額になると再生医療の技術を使った注射による施術があり、成長因子が入ることで肌細胞が活性化され、肌質が徐々に変化してくる術式です。目に見えた結果が得られるまで多少日数がかかりますが、プチ整形でも肌組織から改善させていく方法に人気が出てきています。